映画の音楽

↑の編曲と録音しました。


"Star Wars"メドレー

"New Cinema Paradise"メドレー

"Por Una Cabessa"

の編曲を担当。

編成は、ヴァイオリン、クラシックギター、チェロです。

映画音楽は通常は映像に寄り添うもの。

なので、コンサートピースとしての編曲においては、そんな映画音楽を愛するあなたへ寄り添う編曲というのを心がけました。上記でいくとニューシネマパラダイスも、ポルウナ〜の登場する「タンゴ・バー」もそうです。


ですがスターウォーズに限ってはその域を明らかに超えたレベルで鳴りまくるという、映画の作り方としては完全に型破り。

映像も音楽も演技も、ステーキオンステーキオンステーキ。

加えて先日新作が公開になったタイミングに重なり、幼少時からファンだった私の血も煮え滾っておりました。


ということで、

スターウォーズに限っては、3人でオーケストラ全体を超絶技巧でカバーするという編曲としました。

演奏者の方々の技術も信じ、スターウォーズの世界表現をできるだけしたいという私の欲求と一緒に詰めるだけ詰めたということになります。

ちなみに、すべてEP4~6の楽曲になります。まあ新作の内容的にもその方がアツいかと思ったので。

門田和峻 公式ホームページ

作曲家・門田和峻 KazutakaMonden の公式ホームページです。